看護師が転職する理由ときっかけ

看護師が転職を希望するのは、さまざまな理由によるところはいうまでもない。ただ単に給料の少なさを嘆く人もいれば、休みが取れないことに不満を感じてというケースも少なくない。
高齢化社会に直面する日本では、医師や薬剤師と共に看護師不足の問題も度々のようにクローズアップされている。そういう意味では、転職しやすい職種と言えるだろう。転職エージェントや転職サイトの中に、看護師に特化したものもあるほどだ。

生涯をかけて看護師としての活躍を望むのであれば、給料の額面だけで転職を繰り返すことは得策ではない。むろん、サービス残業や休日出勤などを強要するような職場であれば話は別だが、やりがいや自己成長という観点から職場の良し悪しを決めた方が良い。

レベルアップやスキルアップを念頭においての転職が理想的であることは容易に理解できるが、そのような職場を見つけること自体が困難ということも事実だ。実際にその職場の一員となってみなければわからないこともたくさんある。

看護師の場合、一度資格を取得することで生涯にわたって活躍することができるのが大きな魅力だ。だが、結婚や出産などを契機に職場を離れることも多々ある。
育児が一段落してから看護師として復帰する際に違った環境に身を置きたいという想いから、このようなライフイベントを転職のきっかけにする看護師も多い。このような時にも、引く手あまたの看護師だからといって安易に職場を決めるのではなく、自らにマッチした職場を見つけることが大事だ。